• Admin

小林克也の「アメリ缶」!


今日は久しぶりの雨。さむいね。

こんな日はつい英語のお勉強に夢中になってしまう。(勉強といってもTEDみたり、コラム読んだり...いろいろね。)

思えば私は英語が好きで小さな頃から英語のある環境を選んできたなぁ。

それは海外に行くことでは決してなかったんだよね。

本当はアメリカの大学に進みたかったんだけど、行かせてもらえなかった。理由はひとつ。

「帰ってこなさそうだから」.... なるほど。確かに。

テレビを副音声にしてたり、海外のラジオばかり聞いてたり、携帯の画面を英語表示にしたり...とにかくできる限り日本にいながら英語のある環境を作ってきた気がする。

そういえば、私の小さい頃は小林克也の「ベストヒットUSA!の時代ね。

スピードラーニングならぬ、アメリ缶という商品が出た頃ね。

海外の音楽観たり聴いたりするのは深夜だよね。1時過ぎてMTVが始まるとか。海外ものといえば洋画劇場だったり、数少ないドラマね。もっとさかのぼれば、セサミストリートや.奥様は魔女....あと世界の料理ショーとかね。英語で外国人が話してればなんでもよかったのか?

とにかく言ってる意味はわからないけど、いっつも英語のある環境を作ろうとしていた気がする。

そこで私の心の支えとなってたのは、小林克也が英語を日本で勉強したんだということ!

えーーーー?

海外で勉強してないのにあんなに英語が話せるなんてすごい!ってね。

確かに私もきっかけは海外生活だったかもしれないけど、それからは小林克也みたいになる!って思ってた気がする。自分でも今実感してるのは私の英語力は日本で身につけたものだということ。

そう思うと日本の英語教育も捨てたもんじゃないよね。

じゃ、どうしてこんな勉強嫌いの私が、こんなに英語を苦しまずに勉強できたのか?

高校時代の先生がうなづく姿が目に浮かびます...

やっぱり環境かな。

私の父は物心ついたときにはアメリカに留学してたし、親戚も海外に住んでいたり...。欧米かぶれの祖母にはよく英語で話しをされて、海外の文化にたくさん触れさせてもらっていた気がする。

やっぱり環境かな。

やっぱり小林克也かな。

やっぱり英語のある環境だね。

ちなみにこれがアメリ缶ね。小林さん、いいね!


114回の閲覧

最新記事

すべて表示

MEC プレゼンテーションマスター詳細(小学生対象)

先日MEC Juniorクラスの生徒さんが英検3級を受験し、1次試験を合格しました。 面接の練習も順調で、合格の手応えはバッチリです! また、昨日海外の大学に奨学金を取得したMECの生徒さんが、進学に合わせて渡米いたしました。Zoomで「先生、行ってきます」と凛とした姿で夢を語ってくれました。本当に頼もしいです。 オンラインレッスンになってから、半年が経ちました。子どもたちも目をキラキラさせながら

新共通テストの実施・これからの英語力

大学の共通テストの実施が決まった。 まだあまりよく分析はできていないけど、見る限り、かなりのレベルが求められている。 リーティング200点から100点へ、リスニングは50点から100点へ。 設問も英語で語彙力は幅広く求められる。 これは大変だ。 今までの教材に出てくるような文法を習得するだけのためのフレーズだけでなく、日常で使うようなイディオムなどの理解が必要になっている。 さて、どうする? 民間

夜の街関連...学校は今?

生まれも育ちも新宿(少しアフリカ)3代目の私としては、新宿歌舞伎町を名指しにして、「夜の街関連」が危ないという、コロナ感染ニュースの報道がされていることが少し気になる。 ま、それは良しとして... やはりまだまだ安心できない...と思う中、町に出るとたくさんの人が何もなかったかのように動き始めているように見える。 でも、本当にそうかなぁ? 何もなかったわけではないし、変化したし、何も解決していない

お問い合わせ

Other Services

SLA icon.png
GlobalStyle.HR icon.png

© 2015 GlobalStyle.Hr  Inc.  All rights reserved